歯内療法とは?

歯内療法とは?

歯内療法とは何かご存知ですか?
歯医者ならどこでもやっていることですが、ふなはし歯科では
歯内療法とは俗に言う「神経の入っている根の管の処置」のことで、とても難しく奥の深い技術を要します。
根っここそ歯をかぶせるための土台になる部分ですから、歯内療法は家づくりで言うところの基礎工事になります。

神経はもともと歯に囲まれて無菌な状態にあります。
しかし、虫歯がひどくなると神経が細菌に侵されてしまいます。
そうなると歯が痛くなるため、神経をとらなくてはいけません。
しかしこの処置は、治療ではなく、ただ痛みを止めるための対処療法にしかすぎません。
必要な治療は、神経の入っていた管を無菌な状態に戻すことです。
当院では顕微鏡を使うなど様々な技術で最適な治療をします。

  • レントゲン写真
  • before

根っこの治療(根管治療)とは、歯根治療とも呼ばれ、神経までむし歯が到達してしまった場合、神経の通る管(根管)の神経を取り除き、中をキレイにする治療のことです。

もう一つのケースは以前に歯内療法の処置が施されている歯に問題が生じた場合で再治療が必要になる場合もあります。

右は術前のレントゲンです。根の先に膿がたまった状態です。
何人もの歯科医師は抜くという選択をしました。が、、、

根管治療は建物で言えば基礎工事の部分で、あとの仕上がりがどんなにきらびやかで、立派でもここの手抜き工事があれば、砂上の楼閣になってしまいます。

むし歯が神経に到達してしまった場合は、神経をとる他ありません。
神経をとってしまうと、歯の寿命は半分になると言われていますが、これは歯の質が弱くなるからではありません。ふなはし歯科の経験では神経を取った歯の生存率が極端にはさがりません。しかし、神経を抜いた方がいいか?残した方がいいか?と聞かれれば残した方がいいに決まっています。痛みを取るために必要性を十分に把握した場合に限って神経の処置をしています。

  • レントゲン写真
  • after

根の治療は時間がかかる処置です。歯科医の技術が問われる治療です。その反面、治療がうまくいくと大きな効果を得ます。単には1本の治療でも残せるか残せないかはその後の治療の方針にも大きく作用します。収益性を求めればインプラントと判断している歯科医もいます。ふなはし歯科では患者様の目線で一緒に考えています。

根管治療をせずに放置しておくと、根の先の病巣が大きくなってしまいます。
症状が重度になると、

  • ■噛むと痛みがでる
  • ■顔が腫れる
  • ■隣の歯に悪影響を及ぼす
  • ■最悪の場合、抜歯しなくてはいけない

症状がひどくなる前に時間がかかってもしっかり根管治療をする必要があります。
歯医者は時間がかかると言う声を聞きますが治療時間に様子をみる時間(回数)はどうしても必要になることがありますのでご理解ください。

レントゲン写真のbefore afterでも分かるように、根の先にできた膿が治療により消失しています。
多くの歯科医がbeforeの状態では抜歯を選択します。歯が無くなればインプラントやブリッヂでお金もかかります。
歯を残す努力はいろんな意味で効果大です。ただ歯科医としては費用対効果が低いのが現実です。
だからといって抜いていいとは思えません。

ページの先頭へ戻る